フィンランド移住で失敗の看護師?老後と給料のデメリット、移住した看護師とメリット…北欧に移住するデメリットと子連れ


 

フィンランド移住に失敗した人は、

その冬の寒さ、仕事の大変さ、生活費の高さを

主な理由として挙げます。

 

 

北欧に移住しても尽きない
安定収入をブログで得る方法、

 

英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

日本で徐々に注目されている

フィンランド移住。

 

ですが、移住された方の中で

失敗などはあるのでしょうか? 

 

 

 

北欧フィンランド移住に失敗!移住のデメリットとメリット、老後の生活

 

日本ではキャンプブームや北欧インテリアが人気で、

フィンランドへ行ってみたいという方が増えてきています。

 

実際に移住されている方もいますが、

一体どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

 

フィンランド移住にかかる費用

 

 

・フィンランドまでの引っ越し料金

 

・パスポート代

 

・ビザ代

 

・アパートなどの住居の初期費用

 

・海外で適用される保険料

 

・フィンランドまで行く航空券代

 

 

これらは最初に用意しておかなくてはならない費用です。

 

 

住居の初期費用は、日本と同様に

敷金のような費用がかかる場合があるので、

家賃の2、3ヶ月分を用意しておくと安心です。

 

 

フィンランドの生活費は

日本に比べてどうでしょうか?

 

 

フィンランドは物価が高いと言われていますが、

実際に移住した方が比べてみると、

日用品や食品はさほど日本と変わりません。

 

 

日本より高い物は、

たばこやアルコール類の嗜好品や外食です。

 

外食は安いランチもありますが、ディナーとなると

日本では一人2千円~3千円で済むところが、

フィンランドでは4千円~5千円と少し高くなります。

 

 

また税金も高く、

標準消費税は24%、食料品は14%となります。

 

それに加えて、住民税も日本の約2倍の税率となり、

生活費に影響がでてきます。

 

 

退職してから北欧に移住し、

老後を送ることは可能でしょうか?

 

世界幸福度ランキングで上位を独占している北欧で

老後を暮らしたいと思う方もいらっしゃるはずです。

 

 

介護福祉に力を入れているノルウェーでは、

老後を介護施設ではなく自宅で過ごす方が多いです。

 

最期は自宅で過ごしてほしいという考え方と、

自力で生活をして、寝たきりにならない生活を送るため

という考えから、自宅で過ごせるよう力を入れています。

 

 

日本では、子供や家族が介護をすることが多いですが、

ノルウェーでは政府などが負担をします。

 

一人で生活するのが厳しい状態になると

高齢者施設に入ることになりますが、自宅で過ごせる限りは

訪問で医療ケアを受けられるということです。

 

 

フィンランドもノルウェー同様、

介護ケアがしっかりしています。

 

しかし日本人もこの制度を受けようと思っていても、

フィンランドには退職者を対象とした

リタイアメントビザがないのでなかなか難しいです。

 

 

実際にフィンランドへ移住した方が感じた

メリット・デメリットを紹介します。

 

 

メリット

 

・自然が豊か

 

森林や湖はフィンランドの面積の8割を誇ります。

 

 

・治安が良い

 

海外旅行に行ったりすると、

大きな犯罪に巻き込まれるなどのイメージがあります。

 

しかし、フィンランドは小さな犯罪はあるものの、

大きな犯罪につながるようなことはあまりありません。

 

 

・質の高い教育を受けられる

 

フィンランドでは小学校から大学まで、

ほとんど無料で授業を受けられます。

 

年間の授業日数は約190日で日本より

1ヶ月少ないですが、世界トップクラスの教育レベルで、

フィンランド移住に子連れでする方も多いです。

 

 

デメリット

 

・フィンランド語ができないと生活ができない

 

フィンランド語が難しくて移住に失敗する人もいます。

 

フィンランドには外国人向けの語学学校があり、

無料で授業を受けられる学校もあります。

 

 

・冬が長い

 

日本と同じく四季はあるものの、

冬の長さは10月~翌年5月までの8ヶ月と

かなり長いです。

 

一晩中太陽が沈まない白夜や、

一日中太陽が昇らない極夜など、

慣れないと体調を崩したりします。

 

 

・仕事が少ない

 

人口約550万人の国なので求人も少ないです。

 

フィンランドに移住してから

仕事を見つけようと思っている方は、

かなり厳しい条件です。

 

 

 

フィンランドに移住した看護師、給料どれくらい?

 

実際に看護師として海外移住したという方は、

どんな移住生活を送っているでしょうか。

 

 

海外移住をして看護師として働く方法には

 

・看護ボランティア

 

・国際看護師

 

以上の2つがあります。

 

 

日本よりも先を行く高度医療の

フィンランドへ住みたいと思っている看護師は、

国際看護師の資格を取る方が多いです。

 

 

フィンランドの看護師の生活費

 

フィンランドの看護師の平均年収は

日本とあまり変わらず460万円です。

 

看護師の生活費は

税金で引かれる部分は高いですが、

あまり日本と変わらない印象です。

 

 

ちなみにフィンランドで

なりたい職業No.1は教員です。

 

 

日本では大学や短大を卒業して

教員になる方も多いですが、フィンランドでは

8割が大学院を卒業してから教員になります。

 

教員になった後も保護者による審査があり、

評価次第では職を失ってしまう方もいるほどです。

 

 

フィンランドの教員の給料は、

平均年収530万円で人気の職業です。

 

 

 

まとめ。フィンランド移住について

 

ィンランドはとても魅力あふれる国です。

 

介護福祉の徹底、質の高い教育、自然豊かな環境など、

移住したい条件がしっかり整っています。

 

 

しかし、言語の違いや環境、

簡単に移住できないなど問題もあり、

簡単に移住に手を出しにくいのも事実です。

 

 

移住を失敗させないために、

フィンランドへ移住した方のブログを参考にしたり、

実際に行って自分の目で環境を確認することが大切です。

 

 

フィンランドに住みたいと話す雄一郎。

自分と同じくソフトサラダが好きです(笑)。

 

 

最後に、

 

新しいチャレンジが怖いあなたへ。

 

コンサルで、AIによる世の中の変化に対応する勉強法を学んで

勝ち組コンサルタントになりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授