モナコと日本人の有名人。モナコに住むには?モナコに住む有名人、移住したモナコ在住の日本人の有名人。モナコ移住とモナコに住む条件


 

モナコに住む日本人の有名人と言えば、

デュークと伊達を思い浮かべる人が多いです。

 

 

モナコなどヨーロッパに移住しても尽きない
安定収入をブログで得る方法、

 

英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

 

モナコと聞くと、

セレブの国というイメージが強いです。

 

そんなモナコに移住した

日本人の有名人はいるのでしょうか。

 

 

今回は、モナコ移住について調べてみました。

 

 

 

モナコの日本人で有名人は?モナコ在住の日本人…モナコに住む有名人

 

バチカン市国に続いて、

世界で2番目に小さな美しい国モナコ。

 

総面積は東京ディズニーリゾートと

同じくらいの大きさです。

 

約3万9千人の人が暮らしており、

その人口密度は世界1位をほこります。

 

 

また、世界で最も

治安のよい国とも言われています。

 

全国土に監視カメラがあり、

いたるところに警察官が配置され、

24時間体制で警備にあたっています。

 

 

非常事態に国境を封鎖完了

するまでの時間は、3分かからないと

されているのも有名です。

 

かなり強固な警備体制と

言われているゆえんと言えます。

 

これなら女性も安心して、

一人で夜歩きができると

言えるのではないでしょうか。

 

 

また、純モナコ人は

国民全体の4人に1人です。

 

モナコは世界中の多くの有名人が

移住をしてくるセレブの国としても

有名です。

 

 

セレブ芸能人が海外移住をする理由として、

タックス・ヘイブンと言われる

モナコの独特の税制が関係しています。

 

 

モナコでは、

所得税や贈与税などの税金が

課税されないのです。

 

高額所得のセレブ芸能人が、

高額な税金の支払いを逃れたい。

 

だから、モナコに海外移住を希望する

芸能人が殺到しているのが現状です。

 

 

そんなモナコに住む日本人は、

いるのでしょうか。

 

調べてみました。

 

 

・元テニスプレイヤーの伊達公子さん

 

・元サッカー日本代表の中田英寿さん

 

・ウォーキングトレーナーのデューク更家さん

 

などがあげられます。

 

 

また、モナコグランプリなど

モータースポーツの世界大会が行われるため、

モナコ在住のモータースポーツ関係者が多いのも事実です。

 

 

 

モナコに住むには?モナコ移住、モナコに住む条件

 

世界各地からの移住者が多いモナコですが、

簡単に移住ができるわけではありません。

 

 

海外に住むには、

ビザ取得などのさまざまな条件があります。

 

それに加え、モナコに住むには、

他の海外よりもさらに厳しい条件を

クリアしなければいけません。

 

 

モナコに移住するための条件として、

まずは、自己資産をモナコの

プライベートバンクへ預ける必要があります。

 

その金額は、銀行によってもまちまちですが、

約25万ユーロ~約100万ユーロ。

 

日本円にして

3,250万~1億3,000万にのぼります。

 

 

日本では、マンション1室が

購入できるほどの金額です。

 

モナコ公国へ移住の

条件の高さがうかがえます。

 

 

さらに

 

・モナコに住居があること

 

・日本で犯罪歴がないこと等の各証明書の提出も必須

 

モナコ政府の審査も必要となります。

 

 

また、モナコの公用語はフランス語です。

 

さらに、国内には日本人学校が存在しません。

 

そのため、日本人が移住をした場合、

フランス語での会話が主流となります。

 

 

家族で移住した場合には、

日本語教育の方法が移住への

課題となるでしょう。

 

 

 

まとめ。モナコに住む日本人の有名人について

 

世界新三大夜景の一つである

エルキュール港の夜景も有名です。

 

地中海の宝石とも言われる

美しいリゾート地、モナコ。

 

 

観光業も盛んで、

自分も一度は訪れてみたい国の一つです。

 

 

移住するメリットでは、

税制度や治安などの

環境のよさがあげられます。

 

 

デメリットとしては、

居住権取得のための最低条件として、

多額の資産が必要であること。

 

移住をしたくてもできず、

諦めた人も多いのではないのでしょうか。

 

 

日本人のサラリーマンの平均年収では

移住条件に到達するまでに、

定年退職してしまうのは間違いありません。

 

移住できるくらいの資産目標をもって、

仕事に励み、いつかモナコのような

美しい国で暮らしてみたいと思っている日本人も多いでしょう。

 

 

ヨーロッパ移住を計画する横井。

自分と同じくマザコンです(笑)。

 

 

最後に、

 

クライアントにたくさんの喜びを提供したいあなたへ。

 

コンサルで面白い投資案件の見極め方を学んで

ワクワクが止まらない毎日にしませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授