日本の将来が暗い(2ch)!未来が暗すぎ、絶望の国!絶望しかない日本の未来…将来が暗いと若者が絶望している2ch。不安は当たる?日本の未来は暗いのか?


 

日本の将来が暗いと2chで話題ですが、

日本と一緒に沈む必要はありません。

 

 

オンラインで自分年金をつくる方法

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」

 

 

日本の将来が暗いというのは

長年にわたり2chで話題になっています。

 

少子高齢化と人口減少に伴い、

年金制度や国の財政破綻が心配されています。

 

 

本当に日本の将来は暗いのか、

2chの声とともに紹介していきます。

 

 

 

日本の将来が暗いと2chに書いてある!未来は暗すぎ?絶望の国?絶望する日本の未来…将来が暗いと若者が絶望している2chを調査!

 

「日本の未来が暗すぎる」という

若者の絶望や不安の声は、2chができた

10年以上前からたくさん書き込まれてきました。

 

「絶望の国」という言葉も飛び交っています。

 

 

若者がどんな点で将来が暗いと感じているのか、

まとめサイトから一部を紹介します。

 

 

若者(年金を納める人)が減り、

老人(年金を貰う人)が増え続けてる

脱出待ったなし

 

(中略)

 

まだ、外国に金借りてないだけましだろうが

このペースで行くなら20年後には経済大国としては

凋落待ったなしになるだろうな

 

引用元:腹筋崩壊ニュース

 

 

 

年金の受給額が減る、

年金制度や国家自体の破綻、

借金の多さを心配する声が多いです。

 

日本にいて明るい未来が見えないので

国外に脱出しようという声もあります。

 

 

日本は借金がとても多い国ですが、

国債を買っているのが外国の資本ではなく

国内の銀行や資産家なのでどうにかなっています。

 

しかし、借金ばかり増やしていては

いずれ破綻するのは避けられません。

 

 

年金や国の税金の収入が減っているのは、

少子高齢化が原因です。

 

日本は少子高齢化が進んでいて、

高齢者が多く若者の少ない

歪な人口構成になっています。

 

年金は若者が収めた社会保険料を高齢者に

支給する制度なので、保険料を収める若者が少なく

受給する高齢者が多ければ立ち行かなくなります。

 

 

若者は、自分が年金を貰う頃は受給額が減る、

もしくは全く貰えないかもしれないと思って

保険料を収めているので、不満も溜まりますよね。

 

 

 

不安は当たってしまうのか?私達の日本の未来は暗いのかを調査!

 

「日本の未来は暗すぎる」と絶望する声が

ネット上にあふれていますが、

本当に日本の将来は暗いのでしょうか。

 

日本の未来は暗いと

不安に感じる原因は何でしょうか。

 

 

日本の経済成長が停滞しているのは事実で、

それどころか世界経済全体が停滞しています。

 

特に先進国の国々では経済の停滞や

少子高齢化が大きな問題になっています。

 

 

一方、中国やロシア、東南アジアなど、

旧共産圏や発展途上といわれた国々は

まだ勢いがあります。

 

そのため、明るい将来が見えて

まだ物価も安い東南アジアなどの国に

移住したいという人は多いです。

 

 

日本に話を戻すと、金融のプロでも

「日本に将来はないので逃げ出した方が良い」

と主張している人はいます。

 

世界的に有名な投資家のジム・ロジャーズが

その代表で、以下のように話しています。

 

 

日本の将来を考えた時、

(中略)

このままいけば悲惨な末路しかありません。

 

日本がすぐに消滅することはありませんが、

そのうちなくなってしまう

可能性だってあります。

 

引用元:東洋経済オンライン

 

 

経済のプロにこう言われてしまうと

不安になりますね。

 

 

一方、アメリカ商務省で過去に

対日貿易交渉官としても活躍した

プレストウィッツの意見も興味深いです。

 

「2050年に日本が世界最強の国になる」という未来を描き

『2050 近未来シミュレーション日本復活』

という本を著しています。

 

 

もちろん、現状のまま何もせずに

日本が復活すると言っているわけではありません。

 

現在の日本の国家や企業の慣習を

大きく変革することが条件になっています。

 

 

プレストウィッツは

インタビューで以下のように話しています。

 

 

このまま日本が何も手を打たなければ、

そのような輝かしい未来とは

正反対の未来が待っているでしょう。

 

しかし、過去の歴史を見ると、

日本人は危機を再生の好機にしています。

 

引用元:東洋経済オンライン

 

 

プレストウィッツは日本がこれまでに

危機から再生した例として、

明治維新や戦後の復興を挙げています。

 

つまり、明治維新や戦後レベルで

既存の体制の破壊や改革が起こらなければ

日本の未来は暗いと言えます。

 

 

一方で、もし日本が社会を変革できれば

再び若者が希望を持てるような

国になる可能性があるかもしれません。

 

 

 

まとめ。日本の将来は暗いのか

 

日本の将来が暗いという

2chの書き込みについて、いかがでしたか。

 

 

いつ日本が破綻するか、

大改革が起こるか分かりません。

 

ですが、あまり未来を不安に思うより

日々を着実に過ごした方が良いでしょう。

 

 

日本の将来を憂いている柿崎。

自分と同じく、ピータンが好きです(笑)。

 

 

最後に、

 

親に感謝の気持ちを伝えたいあなたへ。

 

コンサルを受けて

クライアントが興奮するビジネスモデルを提案するコンサルになりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 


メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【 DAN 】フィリピン移住と投資の専門家
投資とフィリピン移住を実現するために
DANの半生

▼CLICK自由への道

投資とお金の知識
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授