北センチネル島の嘘…北センチネル島出身の芸能人とドローン、北センチネル島と松本伊代。北センチネンタル島?センチネル島とドローン、北センチネル島に行ってみた?


 

北センチネル島についての噂は

嘘なのではないかという話があります。

 

松本伊代という名前まで・・・(笑)

 

 

国内外どこに住んでもオンラインで

安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

北センチネル島の噓、

実際のところはどうなのでしょうか。

 

 

 

北センチネル島とドローン?北センチネル島(北センチネンタル島?)でドローン、何があった?

 

北センチネル島という

インド東部ベンガル湾に所在する

未開の島があるのをご存知でしょうか。

 

 

インド領として、

センチネル族が住んでいるのですが、

いわゆる非接触部族です。

 

その未開の土地や部族を撮影しようと、

ドローンを飛ばしてきました。

 

そこには一体どんな映像が

残っていたのでしょうか。

 

 

センチネル族はセンチネル語という

独自の言語を話すので、

コミュニケーションは取れません。

 

そして接触することをかなり恐れ、

拒んでいる様子が伺えます。

 

 

ドローンで撮影をしようとした人は

いたのですが、ドローンに弓矢を放ったり、

過激な行動を取る部族でもあります。

 

現代ににわかには信じがたい情報です。

 

 

では実際に北センチネル島で

起きたことをお話していきます。

 

 

北センチネンタル島と

間違える人も多いのですが、

正しくは北センチネル島です。

 

 

センチネル島にドローンを飛ばし、

島の様子や部族のことを調べようと

試みた人たちがたくさんいます。

 

北センチネル島に実際に行ってみたという

動画も上がっていたりしますが、

本当なのでしょうか。

 

今までの噂を聞くと接触している映像を

信じがたい気もするのです。

 

 

センチネル島には様々な噂があります。

 

それはいい噂というよりも

怖い噂が多いのです。

 

 

北センチネル島にドローンを飛ばした人たちは、

ドローンに向かって大量の弓矢を放たれました。

 

 

外部からのウィルスの侵入を

何よりも恐れている彼らです。

 

外部との接触もないので

ドローンを初めて見たのでしょう。

 

 

北センチネル島にはグロいで検索すると

様々な写真が出てきます。

 

それはグロいというよりは、

本当に昔ながらのあまり綺麗ではない生活が

撮られているような写真でした。

 

 

彼らは非接触を貫き、

文明が開けないまま時を過ごしてきたのです。

 

 

北センチネル島は日本軍に

占領されていた時期がありました。

 

1942年アンダマン諸島の占領に始り、

日本軍は北センチネル島へも

行き来していました。

 

 

北センチネル島は

世界のヤバい場所として有名で、

様々な人がドローン撮影を試みました。

 

しかし過去には島に近づいた人を

センチネル族が殺傷した事件が報道されました。

 

 

では北センチネル島の現在は

どうなっているのでしょうか。

 

センチネル族は50人〜400人の

民族と言われています。

 

 

何らかのウィルスが満映して、

センチネル族は絶滅したという噂もあります。

 

しかし2020年11月時点で

センチネル島への渡航は不可能です。

 

インドの少数民族保護法により、

センチネル島の半径5キロメートル以内に

近づくことを禁止されているのです。

 

 

北センチネル島をなんjで調べてみると、

かなりヤバい島として囁かれています。

 

石器時代の材料を使用していて、

人食いの習慣もあると噂されています。

 

 

南センチネル島も存在します。

 

北センチネル島から南に

59.6キロのところにあります。

 

無人島ですが観光客が訪れることもあります。

 

 

北センチネンタル島という

名前の島は存在しなく、

とても間違えやすい名前のようです。

 

 

北センチネル島は

観光で訪れることはできません。

 

法律で島の5キロメートル以内には

近づけないことになっています。

 

 

Googleなどでは、北センネル島と

検索してもセンチネル島が出てきますね。

 

 

北センチネル島は何を食料として

生活しているのでしょうか。

 

豚を家畜として飼っている噂はありますが、

あとは石器時代と同じような道具を使って

自給自足で生活しるようです。

 

 

豚以外の自然動物がいるかは不明ですが、

海に囲まれているので

食べ物には困らないようです。

 

 

ドローン北センチネル島で検索すると、

YouTube映像などがたくさん出てきます。

 

正直、この映像の信憑性は確かではありません。

 

中にはやらせだ、という話もあります。

 

 

小さな噂から北センネル島の民族を

面白がって作った映像のようにも

感じてしまいます。

 

North sentinel island droneで

検索するとたくさんの動画が出てきます。

 

信じるか、信じないかはあなた次第です、

と言うフレーズが最後につきそうな

映像ばかりです。

 

 

日本で言うと、石器時代を思い出すようです。

 

 

北センチネル諸島とは

アンダマン諸島に属しています。

 

インド領で法律などは

インド当局からの指示で動いています。

 

 

北センチネル島へアメリカ人が

ヘリコプターで接触を試みた事がありました。

 

そのヘリコプターには

若いアメリカ人宣教師が乗っていました。

 

 

センチネル族との接触を試みた彼は

弓矢で攻撃を受け、命を落としました。

 

北センチネル島へ遺体の回収へ

再度訪れようと試みましたが、

彼の遺体を持ち帰ることはできませんでした。

 

 

北センチネル島の言語は

センチネル語と言われ、

独自の言語を話します。

 

外部との接触を拒み続けて、

文明がここまで発展していない民族が

この時代に実在するのかとても疑問が残ります。

 

 

 

北センチネル島の嘘と北センチネル島出身の芸能人…松本伊代など

 

北センチネル島についてお話してきましたが、

ここからは北センチネル島の嘘はどれなのか、

ということをお話していきます。

 

なかなか嘘を見破るのは難しいですよね。

 

 

センチネル族に関して、

やらせや女好きと言う話題もあります。

 

インド政府とも距離を取っており、

非接触部族として生活はしているので

とても謎が多い部族です。

 

しかし、度々ニュースで

注目されている民族でもあります。

 

 

最後に映像として

センチネル族が撮られているのは

2020年のYouTubeの映像です。

 

今、少数民族として

観光客を相手に儀式や装飾を行い、

お金をもらうビジネス民族が増えています。

 

 

自給自足から自分たちで

お金を稼ぐようになると言うのは

素晴らしいことです。

 

しかし、少し寂しい感じも

してしまうのは自分だけでしょうか。

 

 

ここからは、北センチネル島と

芸能人についてお話していきます。

 

 

北センチネル島出身や、

芸能人としてYouTuberとして

活動している人がいます。

 

芸能人とセンチネル族との繋がりを

分析している動画を投稿しています。

 

北センチネル島と芸能人を

どうにか繋げようと話を作って、

それなりに編集している動画が多いです。

 

 

さすがに北センチネル島出身の芸能人を

分析している動画は少ないようです。

 

北センチネル島出身で外部に出ている人は

いないと言う事が分かります。

 

 

1991年にインド国立人類学研究所チームが

2度に渡って、センチネル族に

ココナッツを渡すことに成功しました。

 

その研究員チームの中に女性研究員が

1人いたからココナッツを受け取ったのでは

ないかと言われています。

 

センチネル族の女好きと言う噂は

ここからきているのです。

 

 

また松本伊代さんと北センチネル島の関係を

説明している動画も多く存在します。

 

これは何故なのでしょうか。

 

 

松本伊代さんが実際に北センチネル島と

関係がある事実は一切ありません。

 

恐らく「センチメンタル・ジャーニー」と

似ていることから動画が多く作られているだけです。

 

 

何が本当で何が嘘なのか、

自分で判断していかなければいけないですね。

 

 

 

まとめ。北センチネル島の嘘について

 

ここまで北センチネル島の嘘について

お話してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 

非接触を貫いている民族が、

外部との接触を拒むために殺害や、

遺体を埋めたりと過激な噂が広がっています。

 

 

センチネル島はインド政府によって

周囲5キロメートル以内に

近付けないことになっています。

 

そこに対抗して、ドローンやヘリコプターで

無断で近付いて、怪我や命を落とすようなことが

起こってしまっては大変です。

 

 

面白いと思われる動画を撮りたい、

皆の知りたい情報を伝えたいですよね。

 

何が嘘で、何が本当なのか

見極められる人間になっていきましょう。

 

 

北センチネル島の嘘を信じていた合田。

自分と同じくソフトサラダが好きです(笑)。

 

 

最後に、

 

お金が理由で自由がない人生はまっぴらなあなたへ。

 

コンサルに参加して

時代に合わせて新しいビジネスを取り入れていきませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授