シンガポールの駐在妻が

強制送還になった

事例がある、

 

と言われていますが、

 

どのような事が原因で

このような状況に陥るのか。

 

 

シンガポールの内情を踏まえて

紹介します。

 

 

せっかくなら、

楽しい海外生活を

送りたいですよね。

 

 

 

目次

シンガポールの駐在妻(駐妻)が強制送還?シンガポール駐在が帰りたいってブログに?マレーシアでも強制送還!一体何が?

 

シンガポールに

駐在しているのは、

 

日本でいう

エリート社員

ほとんどではないでしょうか。

 

 

そんな

エリートの旦那と一緒に

 

シンガポールに

駐在することになった

シンガポール駐在妻は、

 

どのような生活

送っているのでしょうか。

 

 

奥方の記した

駐妻ブログを確認すると、

 

行動的で活発な方は、

生活を

エンジョイしている様子が

ブログに記されていますが、

 

そうでない方も

多いようです。

 

 

まず、

旦那がエリートだったとしても、

奥方もエリート

というわけではありません。

 

 

一般女性の方が、

急に旦那の転勤で

海外生活を始めた場合、

 

まず最初に困るのが

コミュニケーションです。

 

 

シンガポールは英語圏ですが、

英語が話せないと

コミュニケーションが取れず、

引きこもりがちになってしまい

 

帰りたいと

感じるようになってしまいます。

 

 

そんなことで

日本へ帰国するのは

非常にもったい無いので、

 

出来れば英語を勉強して

現地での生活を

楽しめるようにしたいですよね。

 

 

そういえば、

 

シンガポールやマレーシアで

生活することになった駐妻が

強制送還された事例も

あるようです。

 

 

原因は、

 

コロナ禍の際の

制限人数を守れなかった事など、

 

日本で考えると

それだけで

強制送還されないだろう、

 

という内容で

強制送還される事が

あるようです。

 

 

海外の常識は

日本の常識と異なりますので

 

語学と同じく

現地の状況も、

 

しっかり確認しておく

必要があります。

 

 

 

シンガポールの駐在妻は暇なコンドミニアムでの生活?英会話できないと駐在になれない?

 

先ほども少し触れましたが、

 

シンガポールで

英会話が出来ない状態での

駐在では、

 

自分で出来る事が少なく

シンガポールから帰りたいと

感じてしまうかもしれません。

 

 

そうならない為にも

シンガポールで

最低限の英会話が可能なように、

 

これから

シンガポールで駐妻をする方は、

 

英会話の習い事をして

英会話を身に着ける事を

お勧めします。

 

 

英会話が出来ない状態での

海外赴任では

 

誰とも

コミュニケーションをとれずに

 

帰りたいと

感じてしまう事も

あるかもしれません。

 

 

例え、

 

コンドミニアムに

住めるような

良い暮らしが出来るとしても、

 

シンガポールの駐在から

帰りたいと

感じてしまう状況に

陥ることは、

 

大変もったいないです。

 

 

まずは語学力を身に着け、

シンガポールの駐在が

楽しみになるようにすること。

 

 

そして、せっかくの

シンガポールへの駐在なので、

 

楽しいと思えるようになる事を

目標に頑張って欲しいです。

 

 

自信が無いと思われる方は、

 

実際に

シンガポールに

在住している人のブログや、

 

海外に

駐在している人のブログを

読んでみて下さい。

 

 

シンガポールでの生活を

純粋に楽しんでいる人や、

 

シンガポールでの駐在で

恋愛を楽しんでいる人が居り、

 

シンガポールでの駐在妻の

付き合いなどが

紹介されているものもあります。

 

 

そんな駐妻の生活を知り、

あなたが楽しめそうな事を

ぜひ探して欲しいです。

 

 

せっかくの海外への駐在なので

 

帰りたいと思ったり、

駐妻生活は暇だと

思ったりするよりも

 

楽しい駐在ライフを送れるように

前向きな準備をした方が

良いと思いませんか。

 

 

繰り返しますが、

そのために

まずは語学力です。

 

 

しっかりと準備して

シンガポールへ転勤後の

生活を楽しみましょう。

 

 

ここで注意が必要なのは、

旦那の仕事の都合で

海外生活をする場合、

 

ビザの都合で

駐妻の就労には

制限がついている場合があります。

 

 

それを確認せずに

シンガポールで駐妻が

勝手に仕事を始めると

違法となる場合もあります。

 

 

こういったトラブルも

駐在妻が帰りたいと感じる

原因になりますので、

 

他のシンガポール駐在者の

ブログを確認して

万全に準備して行ってください。

 

 

そしてあなたも

シンガポールの駐妻として、

 

活発なブログを

発信できるような生活を

送って頂きたいところです。

 

 

 

まとめ。シンガポールの駐在妻の状況と強制送還について

 

 

シンガポールに

駐在している妻の生活は、

 

語学力が無い状態では

どうしても

引きこもりがちになり、

 

例え

コンドミニアムのような

良い環境を得たとしても

 

暇で帰りたいと

感じてしまう場面があります。

 

 

この状況に

陥らないようにするためにも

 

海外転勤が決まったら

可能な限り

 

国内で語学力を

身に着けておく事をお勧めします。

 

 

国内でも国外でも

人と人との付き合いには

言葉による

コミュニケーションが必須です。

 

 

最近は、

 

スマホの翻訳アプリや

翻訳機の性能も

すこぶる向上していますが、

 

やはり

機械を通したコミュニケーションと

直接会話する事では

 

お互いに親近感が異なります。

 

 

初めての土地で、

ただでさえ不安な生活なのに、

 

言葉まで通じない状況では

とても海外生活を

楽しめるものではありません。

 

 

あなたには

出来る限りの語学力を

身に着けてから海外赴任し、

海外生活を楽しんで頂きたい。

 

 

また、海外については

 

その国ごとに

細かい法律が設定されており、

 

日本の常識が

非常識の場合もありますので、

 

行先の

最低限のルールやマナー

勉強しておく事をお勧めします。

 

 

例え知らずに

法律を犯したとしても、

 

場合によっては

強制送還されることも

ありますので、

 

しっかりと勉強しましょう。

 

 

急な海外生活では

覚える事が多く大変ですが、

 

知識として知っておいて

損になる事はありません。

 

 

少しでも

海外生活を楽しく出来るように、

 

事前準備は

しっかりと行ってから

赴任しましょう。

 

 

シンガポールに住みたい大林も
自分と同じく、元究極の人見知りです(笑)。

 

 

最後に、

 

欲しいもののために稼ぎたいあなたへ。

 

キチンと稼げるノウハウを学んで

欲しいものを我慢しなくていい人生にしませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授

 

無料ノウハウの詳細を見る