タオ島でダイビングしただけなのに…日本人が死亡!タオやプーケットは危険なのか?

スポンサードリンク

 

タオ島のダイビングで日本人が死亡・・・

こんなのを聞くと「ダイビングはそんなに危険なのか?」

と思いますよね。

 

 

海外移住者による国外面白情報、

オンラインで安定収入を得てどこにでも住めるようになる方法。

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」

 

 

タオ島でダイビングのインストラクターをしていた

日本人女性が死亡する事件があった事から、

タオやプーケットが危険なのかについて紹介します。

 

 

 

タオ島でダイビングしただけ…日本人が死亡した原因とは?

 

2004年にタイのタオ島で、

ダイビングのインストラクターをしていた

日本人女性が死亡した事件を覚えていますか。

 

 

女性が死亡した原因は自殺として

処理されていましたが、現在になって

他殺であったのではないかとも言われています。

 

遺体があった場所も自宅と言われていますが、

実際には別の所という意見や、亡くなった女性が

数日間行方不明だったという意見も出てきています。

 

 

タイの警察は当然、自殺の事実を

覆すことはありませんでしたが、

腑に落ちない点が残っている事件です。

 

タイでは外国人が亡くなった際に、

何らかの事件に巻き込まれていたとしても

自殺と片付けることもあるようです。

 

検死をする担当官がいないことも

他殺の推測に拍車をかけている原因です。

 

 

遺書のようなものもあったとの事ですが、

18年近く前の事件なので、

真実が明るみに出ることは期待できない状況です。

 

 

 

タオやプーケットでダイビングしてたら…日本人が死亡した原因はある?

 

今度は2011年の事件です。

 

 

タイのプーケットで

ダイビングの講習を受けていた

日本人の女性が死亡する事件が起きました。

 

原因はダイビング講習中に浮力を操作する装置を

誤って操作し浮上したところ、

船を移動させるためにスクリューが始動。

 

スクリューの羽に巻き込まれて

亡くなったという何とも残念な事故です。

 

 

ダイビングには事故のリスクは常にあります。

 

タオ島ではインストラクターの方が亡くなり、

プーケットではダイビング参加者が

亡くなるという事件が起きています。

 

 

タイは比較的治安の良い国と言われていますが、

ダイビングやレジャー等の産業について、安全が

どこまで配慮されているのか疑問が残る結果です。

 

少なくとも、日本でダイビングをするのと

同じ感覚では行かない事をおすすめします。

 

 

ダイビングというものは、そもそも

人間が生身では出来ない事をするものですから、

当然リスクはゼロにはなりません。

 

 

特に海外では、言葉の壁もあります。

 

流暢に外国語で会話できる人でなければ、

言葉のわずかなニュアンスを

理解することはできません。

 

 

その分、日本でダイビングをするよりも

リスクが高くなる事を自覚し、自分の命は自分で守る

という意識をしっかりと持つことも必要だといえます。

 

 

 

まとめ。タオ島ダイビングの日本人死亡について

 

痛ましい事件は

不意に起こってしまうものです。

 

今回紹介したのはいずれも

ダイビング関係の事件でした。

 

これをまとめると以下のようになります。

 

 

・2004年

 

タオ島でダイビングインストラクターの

日本人女性が自宅で死亡

 

 

・2011年

 

プーケットのダイビング講習参加者の

日本人女性がスクリューに巻き込まれ死亡

 

 

比較的治安の良い国とされているタイでも、

このような事件は起きてしまいます。

 

また、警察当局にしても、日本よりも

正確性に欠ける場合もあると言われています。

 

 

あってはなりませんが、

亡くなってしまっては

当時の状況を証言することもできません。

 

何かの事件に巻き込まれてしまう事を想定し、

少しでも会話が出来るように行先の言語を

ある程度は習得しておくことが望ましいです。

 

 

海外でのダイビングは日本とは違った景色を見れ、

非常に憧れるものですが、リスクがある事も

理解してから参加する事をお勧めします。

 

せっかくなら良い思い出を作って頂きたいので、

日本人インストラクターがいるかなど、

リサーチしてから参加することを心掛けてください。

 

 

自分の命を預ける店なので、

安さだけでは選ばないようにしましょう。

 

 

タオ島がお気に入りの島中も、
自分と同じく金髪美女に弱い人です(笑)。

 

 

最後に、

 

常に感謝を忘れたくないあなたへ。

 

コンサルを受けてもう一度ビジネスに対する情熱を取り戻しませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

コメント

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授

 

無料ノウハウの詳細を見る