ベトナム料理のカロリーを一覧で見よう!ブンチャーのカロリー、牛肉フォー(牛肉のフォー)カロリーは?ボブン(一人前)カロリーなど

スポンサードリンク

 

ベトナム料理と言えばフォーですが、

意外とカロリーが高いことに驚きました。

 

 

ベトナムに移住しても尽きない
安定収入をブログで得る方法、

 

英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

 

ベトナム料理といえばフォーが有名ですが、

他にどんな料理があるのでしょうか。

 

 

カロリーが控えめで、

ヘルシーな料理が多い印象ですが、

具体的な料理について紹介します。

 

 

 

ベトナム料理のカロリーを一覧で。ブンチャーや牛肉フォーのカロリー

 

ベトナム料理は、中華料理に比べると

油も控えめであっさりしているので、

ダイエットに興味のある人にも人気があります。

 

そんなベトナム料理のカロリーを

一覧にしますので参考にしてください。

 

 

ベトナム料理で有名なのはフォーで、

カロリーは控えめという印象があります。

 

ですが実際のところ、

ベトナムフォーのカロリーは

それほど低いわけではありません。

 

 

米粉が原料なので糖質が高く、

他の料理と比べてもカロリーが

極端に低いものではないのです。

 

牛肉フォーなど、

食材に肉を使っているとさらに

高カロリーになるはずです。

 

 

それでは、ベトナム料理の

カロリーを具体的に紹介します。

 

次のベトナム料理のカロリー一覧を

参考にしてください。

 

 

ブンボー(牛肉のブン):約500kcal

 

ネム(揚げ春巻き):約300kcal

 

フォー:約175kcal

 

鶏肉のフォー:約500kcal

 

牛肉のフォー:約408kcal

 

バインセオ(ベトナム風お好み焼き):約350kcal

 

チェー:約190~300kcal

 

マンゴースムージー:約160~250kcal

 

 

カロリーは全て一人前。

 

当然ですが、具材や

その店によって違いはあります。

 

 

ちなみに日本の主食の米は、

お茶碗に軽く一杯(約150g)で

約240kcalあります。

 

これを同じ量のフォーに置き換えると

かなりカロリーは控えめだといえます。

 

 

 

牛肉のフォーやボブンの一人前は?カロリーを紹介

 

ベトナム料理のフォーのカロリーですが、

フォーは麺と具材の両方でカロリーを

摂取する料理です。

 

 

一食のフォーの麺のカロリーは、

麺の量にはよるものの、

約300~400kcalになります。

 

牛肉のフォーは、

フォーのカロリーとして高めで、

他の料理のカロリーと変わりません。

 

 

米粉を日本の米と考えると、

日本で食べる牛丼と同じ位の

カロリーとなります。

 

トッピングとして野菜を多く取れるので

内容的にヘルシーと言えるのは事実です。

 

 

ベトナムのブンボーは現地語で、

フランス式にはボブンと呼びます。

 

フォーには糖質もあるので、

糖質制限をしたいなら避けるべきかと

考える人もいるかもしれません。

 

フォーの糖質は同じ量のご飯より低いので、

糖質を少しでも制限したい人にとって

避けるべき食材ではありません。

 

 

鶏肉を使ったフォー、フォーガーは

具材の鶏肉の皮のカロリーが高いです。

 

鶏肉の皮は食べないようにしたり、

鳥のささみ肉に変えると

かなりカロリーオフになります。

 

 

ブンチャーは、つけ麺のような料理で、

あっさりとしたスープに肉類をつけて食べますが、

これも具材の種類によっては高カロリーです。

 

 

牛肉のフォーは、牛骨やテールで

出汁をとるのが本格的な作り方です。

 

このスープに肉や野菜を加えるのですが、

油を含む出汁を全て飲み干すと

カロリーが高めになります。

 

 

海鮮フォーは、

フォーガーと呼ばれます。

 

海老やアサリを具材にしているので、

肉を使用したフォーより

カロリーが低くなります。

 

 

ボブンという名前の料理があるように、

ベトナムではフランス式の名称も多く、

文化の影響を受けているのがわかります。

 

ホーチミンやハノイなどのベトナムの都市には、

ヨーロッパ風の建物も多く、アジア都市とは

思えない雰囲気の所があります。

 

 

これはフランスがベトナムを

植民地としていた時代のなごりで、

現在でも様々なことに利用されています。

 

ベトナムにとって苦しい時代だったはずですが、

そのころの建物は観光地としても

人気スポットとなっています。

 

 

植民地時代の生活は、

現代のベトナムの食文化にも

大きい影響を与えています。

 

ベトナムの人が、意外にも

パン類を多く食べるのもこの頃の名残です。

 

 

カロリーがイメージより高いベトナム料理ですが、

トッピングで野菜を多くとることが出来るので

健康的な食事だと言えます。

 

 

 

まとめ。ベトナム料理のカロリーについて

 

料理の糖質やカロリーが気になる人に、

ベトナム料理はおすすめです。

 

糖質やカロリーが低いわけではありませんが、

栄養のバランスは良いので量を控えめにしながら

取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

サイゴンを一緒に周った長春。

自分と同じく温泉やマッサージが大好きです(笑)。

 

 

最後に、

 

つい肩に力が入ってしまい自然体になれないアナタへ。

 

コンサルを受けて人見知りな自分に感じていた負い目をなくしませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

コメント

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授

 

無料ノウハウの詳細を見る